Eine Frau spricht im Schlaf

Als er mitten in der Nacht erwachte
Schlug sein Herz, dass er davon erschrak
Denn die Frau, die neben ihm lag lachte
Dass es klang als sei der jüngste Tag

Und er hörte ihre Stimme klagen
Und er fühlte, dass sie trotzdem schlief
Weil sie beide blind im Dunkeln lagen
Sah er nur die Worte, die sie rief

`Warum tötest du mich denn nicht schneller?`
Fragte sie und weinte wie ein Kind
Und ihr weinen drang aus jenem Keller
Wo die Träume eingemauert sind

`Wieviel Jahre willst du mich noch hassen?`
Rief sie aus und lag unheimlich still
`Willst du mich nicht weiterleben lassen,
Weil ich ohne dich nicht leben will?`

Ihre Fragen standen wie Gespenster
Die sich vor sich selber fürchten da
Und die Nacht war schwarz und ohne Fenster
Und schien nicht zu wissen, was geschah

Ihm, dem Mann im Bett, war nicht zum Lachen
Träume sollen wahrheitsliebend sein
Doch er sagt sich `was soll man machen?`
Und beschloss nachts nicht mehr aufzuwachen
Daraufhin schlief er getröstet ein
真夜中 彼が目を覚ました時
彼は驚いて心臓が跳ね上がった
彼の横に寝ていた女が笑ったから
まるで世界の終わりのような響きで

それから彼は彼女の嘆きの声を聞いた
それでも彼女は眠っているように思えた
二人とも目の利かぬ暗闇に横たわっていたので
彼にはただ彼女の叫ぶ言葉だけが見えた

"なぜ早く私を殺してくれないの?"
そう尋ねて彼女は子供のように泣いた
彼女の泣き声は地下室からほとばしり出た
あの、壁に夢が埋め込まれている場所から

"何年の間あなたは私を嫌うつもりなの?"
彼女は叫び、不気味なほどじっとしていた
"あなたは私を生かし続けないつもりなの、
私があなたなしで生きるつもりがないから?"

彼女の問いはそこに立っていた
自分自身を恐れる亡霊のように
夜は濃くなり 窓はなかった
何が起こったか知らぬようにみえた

彼には、ベッドの中の男には笑えなかった
夢は真理に誠実であるべきだ
彼は自問した "どうしたらいいだろう?"
そして二度と夜中に起きないことに決めた
それから彼は慰められて眠りについた

 
 
*これはドイツの作家エーリッヒ・ケストナー(Erich Kästner)の"Eine Frau spricht im Schlaf"という詩です。『人生処方詩集』(小松太郎訳)という詩集に「ある妻の寝言」(不確か)として収録されているようなので、ちゃんとした訳が知りたい人はそちらをご覧ください。
posted by 準之介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。